前へ
次へ

賃貸管理会社の種類は、その内容について

賃貸管理会社は、資格がなくてもできるため、管理に強みのある業者もあれば、宅建資格を持つ仲介も兼ねている業者もあります。資格の無い業者は、独自に複数の仲介業者に依頼をし、入居者を募っています。どちらが良いとは一概には言い切れず、置かれている環境によっても話が変わってくるでしょう。例えば、駅前にある不動産屋の多くは、宅建資格を持つ業者も数多くあり、足を運んで探される入居者も現れやすくなるかもしれません。資格の無い賃貸管理会社は、管理に集中して取り組む力もあり、質の高い運営を心がけてくれるでしょう。宅建資格を持つ賃貸管理会社は、優先的に管理している物件を紹介する傾向もあり、空室率のリスクを抑えられるかもしれません。管理を任せるのであれば、業者の規模も大切な判断材料です。人数が少なければ、賃貸管理のサービスが行き届くかなくなる可能性も高く、ある程度大きな規模の業者選びも大切でしょう。総合的に考えると、宅建資格を持つ業者選びが無難かもしれません。

Page Top