前へ
次へ

賃貸管理はメリットがある

収入、支出のバランス取れた健全な賃貸経営のため賃貸物件稼動率高い水準維持して、維持管理のコスト圧縮を考えなくてはなりません。そして必須なのは管理業務で、適切な管理は入居者に気持ちよく長い期間にわたり住むことになって結果稼働率が高まります。そして、集金代行や賃料滞納への対応など委託するメリットは時間や手間かけなくて住むことにつきます。賃貸管理委託しないで自分でするなら、管理費回収業務だけで自分が所有している物件家賃すべて振り込まれたか、わざわざ自分でチェックしなくてはなりません。そこで支払いの滞納、金額の違いあれば自ら入居者連絡して催促しなくてはなりません。さらに入居者トラブル、入居し同士のトラブルなどクレーム関係も管理委託してなくてはすべて自分で対応することになります。その点管理委託すると、すべて管理会社がしてくれて、オーナーが物件に割く時間などが減ってきます一方管理賃貸委託のデメリットですが、管理費が発生します。賃貸管理は注意が必要です。

Page Top